2015年11月22日

トヨタ、2人乗り「TOYOTA i-ROAD」の実証実験を東京都渋谷区で実施

 トヨタ自動車は、2人乗り「TOYOTA i-ROAD」の実証実験を11月21日から東京都渋谷区で実施する。
 今回の実証実験は、一般の生活者や外部の企業と共同で取り組む施策「OPEN ROAD PROJECT」の一環として行われるもので、4台の2人乗りi-ROADを用意した。
 2人乗りi-ROADは超小型モビリティ認定制度の適用要件に即し、1人乗りi-ROADにリフレクター・車幅灯等の見直しや、車両接近通報装置の装備といった一部改良を加えることで2人乗りでの利用を可能にしたモデルとなっている。
 この2人乗りi-ROADを使い、子育て世帯など2人乗り利用が想定される人に約1カ月間貸し出し、通勤、買い物、子供の送迎といった日常生活のさまざまなシーンで利用してもらい、使い勝手をはじめ新しいモビリティとしての利用価値を検証する。利用対象者は2人乗り利用が想定される渋谷区在住者および渋谷区職員の人。
2015112201.gif
posted by ドリル at 12:51| Comment(0) | 日記

2013年07月21日

超小型電気自動車、公道で実証実験へ…さいたま

 ホンダとさいたま市は18日、記者会見を開き、軽自動車よりも小さい超小型の電気自動車「マイクロコミュータープロトタイプβ」を公道で走らせる実証実験を始めると発表した。

 超小型車は軽自動車と比べて車体が約90センチ短く、300キロ以上軽い。定員は1人か2人。市には11台が提供される予定だという。

 2015年度まで実証実験を行い、都市部の渋滞対策や二酸化炭素削減効果などを検証する。市民にも試乗してもらう。

 ホンダは「市と協力してワクワクする社会を目指したい」と話した。試乗した清水勇人市長は「運転席は広くて快適。母親と子どもが買い物などで使うのにちょうど良いサイズだと思う」と笑顔を見せた。
20130721.gif
posted by ドリル at 15:05| Comment(0) | 日記

2013年06月14日

軽自動車より小さい「超小型車」、7月から公道走行へ

 国土交通省は14日、神奈川県や都市再生機構(UR)が「超小型車」を共同で試験的に公道走行することを許可した。同省は3月に試験走行を希望する自治体や企業に対して購入費の補助を決めているが、正式な走行許可は全国で初めて。7月1日から試験走行を開始する見通し。

 超小型車は軽自動車より一回り小さく大人2人までが乗れる電気自動車。今回はURが日産自動車の車両1台を導入し横浜、横須賀両市で高齢者が多く住む賃貸団地の狭い道路などでパトロールに使う。
posted by ドリル at 23:28| Comment(0) | 日記
Powered by さくらのブログ